twitter Twitter でログイン

チュックの日記 1997年7月13日

投稿者: Ken 掲載日: 2003-12-27 (3456 回閲覧)

[[チュック>チュック目次]] の日記 1997年7月13日(日)

ミクロネシア連邦 チュック 初日

8:00 チュック空港 着

STATE OF CHUUK コンチネンタル航空

期待を裏切らぬ小さな国際空港である。
30畳くらい荷物受け室の、入り口が入国事務所、出口が税関である。
出迎えを受け、白人のダイバー3名とホテルへ。
道は舗装してあるが、穴だらけ。 民家はトタン屋根の平屋が続く。

8:30 トラック・コンチネンタル・ホテル

ホテルの正面 ベット ベランダから見た景色

ホテルの敷地に入ると、雰囲気が一変する。
このホテルは、コンチネンタル航空の直営。
ヤシの木の並ぶ海岸にある綺麗なホテルである。
部屋の清掃は行き届いており、エアコンが効いているのが、うれしい。
ガンガン効きすぎていて、寒いほど。

荷作りをとき、短パンTシャツに着替える。

ダイビング・サービスの人が、明日は朝9時迎えに来ると伝えに来た。

貴重品をセーフティボックスに預ける。
ホテルを1週してみるが、さすがに、むし暑い。
売店でビールを仕入れ(3ドル)、部屋で一休み。

昨夜、寝ていなかったのと、移動疲れで、そのまま寝てしまう。

19:00 仮眠から起きる

起きると、陽も暮れていた。
しまった、ホテルのバルコニーから見る夕日は絶景という評判だったのに、
見逃してしまった。(^^;

夕食は、ホテルの食堂で取る。
お薦めは、
  アラスカ・サーモン・ステーキ、
  ホーク・ジンジャー
  Tボーン・ステーキ。
となっている。
ちょっと、贅沢に、Tボーン・ステーキにする。(15ドル)
もちろん、ビールも(3ドル50)。
肉はやわらかいのに、焼きすぎである。
メニューの値段は、グアムより高く、日本より安い、という感じ。

ガイドブックによれば、チュックは禁酒ということであったが、
ビール・ワインくらいしかないけど、
ホテル内は自由であった。


[[チュックの日記 1997年7月14日]]

ページ移動
良く読まれた記事 チュックの日記 1997年7月12日 チュックの日記 1997年7月14日 次の記事
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。